男がスキンケアするなんてと思っていた僕が、突然の肌トラブルを乗り越え、新しい恋の予感を手に入れた話

男がスキンケアするなんてと思っていた僕が、突然の肌トラブルを乗り越え、新しい恋の予感を手に入れた話

男がスキンケアするなんてと思っていた僕が、突然の肌トラブルを乗り越え、新しい恋の予感を手に入れた話

僕はケンジ、IT業界の普通の営業マン。

仕事には真面目に取り組む一方、プライベートは映画鑑賞やカフェでの読書が趣味。

ただ、男だからって、スキンケアに手を出すことなんて一度も考えてなかった。

そんな僕が、ある日突然の肌トラブルに見舞われて…。

 

あの日、鏡を見た時、僕の顔は赤く腫れていて、何もしていないのにピリピリと痛んでいました。

「なんで今?」と心の中で叫びました。

あの時は本当に焦ったし、正直、自分の顔が怖くて鏡を見るのも嫌でした。

もしもあなたが同じように感じたことがあるなら、きっとわかると思います。

 

それが、僕がスキンケアの大切さを知るきっかけとなった出来事でした。

そして、その後の展開が僕の人生に新しい風を吹き込んでくれたんです。

興味を持ってくれたら、僕のこの物語を一緒に歩んでみてください。

 

朝の鏡に映る、自分の変わりゆく姿

朝、僕はいつものように浴室の鏡の前に立った。

朝、僕はいつものように浴室の鏡の前に立った。

晴れやかな朝の光が窓から射し込む中、鏡に映る自分の顔は…「あれ?」と思うほどに乾燥して荒れていた。

肌の細かいシワや乾燥による白い粉が付いているのがはっきりと分かる。

 

「なんだこれは…」と、僕は心の中でつぶやいた。

最近、特に肌の乾燥が気になるようになってきたけど、こんなに酷いとは。

これでは、今日の大切なクライアントとのミーティングも自分の外見に気を取られてしまうだろう。

 

シャワーを浴びて、いつものようにスーツを着こなす。

鏡の前でネクタイの結び目を整えるときも、やはり気になるのはその肌。

シャワー後のしっとりとした肌の感触がどこか「ぱさつき」を感じるように思えた。

 

「ケンジ、何でそんな顔してるの?」と、5歳上の姉がキッチンから声をかけてきた。

彼女は美容師なので、肌や髪にはとても敏感だ。

 

「うーん、最近、肌の乾燥が気になるんだ」と、僕は答える。

 

「男だってスキンケアは大事よ」と姉は言ったが、僕は「男がスキンケアするなんて…」という気持ちもあった。

 

仕事に向かう電車の中、向かいの席に座る女性がスマホで何かのサイトを見ている。

その画面には「オールインワンジェル おすすめランキング」という文字が。

僕は「もしかして、これが答え?」と思ったが、まだ決意するには至らなかった。

 

クライアントとのミーティング中も、自分の乾燥肌が気になってしまい、「あの女性が見ていたサイト、後で調べてみようかな」と心の中で思っていた。

彼らの言葉を耳には入れているものの、心の中は自分の肌のことでいっぱいだった。

 

シワシワの戦線、そして心の揺らぎ

日常の中で出くわす小さな困難。

それが今の僕、ケンジの顔に広がる乾燥肌のトラブルだった。

どこからこの乾燥が始まったのだろう。

「仕事のストレス?食生活の乱れ?」と自分自身に問いかけるも、答えは見つからない。

 

毎朝の鏡の前は、自分との対話の場所になっていた。

その鏡に映る自分の肌は「カサカサ…」と音を立てているようで、その音が頭の中で響いている。

少し控えめで内向的な性格なので、友人や同僚に肌の悩みを相談するのは勇気がいる。

だけど、どんどん自分の肌の状態が気になり、疎外感を感じる日々が続く。

 

ランチタイム。

いつものように近くのカフェで読書を楽しんでいた。

だけど、今日の本の内容よりも、目の前のカフェラテのミルクフォームのようにふわふわと膨らむ悩みが頭の中を占めていた。

 

「もしもこの乾燥が人間関係のトラブルだったら…」と想像してみた。

例えば、恋人とのすれ違いや、友人との微妙な距離感。

それを解決するための情報を集めるように、僕は肌の状態を改善するためのスキンケア情報を集め始める決意をする。

 

スマホを手に取り、キーワードを打ち込む。

“男性 スキンケア 乾燥”。

検索結果には、さまざまな商品や方法が表示された。

ただ、それらを見ても「これが自分に合っているのかな?」という確信は持てない。

 

食事を終え、オフィスに戻る道中、何となく立ち寄ったドラッグストアのスキンケアコーナー。

目の前には、さまざまな商品がズラリ。

「これとこれと…これも?」と、かごに商品を入れてみるものの、結局レジには進めず、その場で考え込んでしまう僕。

 

「一人で悩むのはもう終わりにしよう」と心の中で固く決意した。

どんな小さな悩みでも、誰かに相談する勇気を持つことが、その問題を乗り越える第一歩なのかもしれない。

 

期待と現実のギャップ、そして乾燥の渦中

人からは「真面目な人」と言われることが多い。

確かに、僕は仕事に対して真面目に取り組んでいる。

クライアントとの関係を大事にしているし、成果を出すためには手を抜かない。

 

ある日、僕はインターネットでスキンケアの情報を検索していた。

「最近の肌の乾燥は、季節のせいだけじゃない気がする…」そんな心の声が浮かんできた。

「ふむふむ、これはいいかも」と、画面に映し出される商品やレビューを読み進める。

商品の詳細や使用感を頭の中で再現してみる。

 

そして、僕は何品かのスキンケア商品をオンラインで注文した。

「これで、肌の乾燥も解決できるかな」と、期待を胸に商品を待つ日々。

 

しかし、商品が届いた後の現実は甘くなかった。

使用してみると、「うーん、これが自分の肌に合っているのだろうか?」という不安が湧いてきた。

心の中でつぶやく。

「もし、これが友人や彼女との関係だったら、もっと直接的にフィードバックをもらえるのにな」

 

僕は少し控えめで内向的な性格なので、周りの人にこの悩みを相談するのは少し難しい。

「例えば、大学時代の友人たちとの飲み会で、突然『最近、肌の乾燥が気になって…』なんて話題を振るのはちょっと…」と考えると、一人で悩むことになってしまう。

 

そして、その悩みの中、次の日も僕は仕事に出かける。

朝の鏡の前で、乾燥してパリパリとした肌の感触に触れながら、「今日もこの肌で営業に出かけるのか…」と思うと、なんとなく気が重くなる。

 

それでも、僕は前を向いて歩いていく。

信頼関係を築くため、自分の外見や肌の状態を気にしても、クライアントとの関係を最優先に考えるからだ。

 

そして、その日の夜、僕は自宅のリビングで、今度こそ自分に合ったスキンケア商品を見つけるための情報収集を再開するのだった。

 

男も、スキンケアの試練

静かな夜。

僕の部屋の照明だけが、部屋の中に穏やかな光を灯している。

新たに購入したスキンケア商品の一つ、化粧水のボトルを手に取る。

キリッと冷たい。

さっき冷蔵庫から取り出したばかりだからだ。

 

化粧水を手のひらに取り、顔に馴染ませる。

シュワッとした涼しさが顔全体に広がる。

しかし、そこから数秒後、僕の頬にはじわじわと熱さが広がっていく。

何だろう、このピリピリとした感じは…。

 

思い返せば、これで4つ目の化粧水だ。

でも、どれもこれも合わない。

ミラーを覗くと、頬の部分が少し赤くなっている。

もしかして、この化粧水もダメなのだろうか。

 

友人や同僚には相談しづらいから、僕は自分一人でこの戦いを続けている。

僕の肌との戦い。

もしかして、「男性はスキンケアしない方がいいのかも」と心の中でつぶやく。

 

大学の軽音楽部の時、皮膚のトラブルなど考えもしなかった。

ベースを弾きながら、音楽と共に汗を流していたあの頃。

でも、大人になると、体も変わってくるんだろうな。

僕は心の中で少し懐かしく思った。

 

「まるで、昔の自分との戦いのようだな」

自分の肌の問題を、学生時代の軽音楽部の活動に例えてみる。

あの頃も、ベースのテクニックを磨くのは大変だったけど、諦めなかった。

だから、このスキンケアの問題にも負けない。

 

しかし、その夜、僕は化粧水を手放すことに決めた。

でも、次の日からの挑戦は続く。

どんな困難も乗り越えて、自分に合ったスキンケア方法を見つけ出す。

その決意を胸に、僕は再び新しい日を迎えるのだった。

 

新しい希望の種、鈴木さんの一言

空が少し暗くなり始めた金曜の夕方。

僕たちのオフィスの近くの居酒屋で、社内のメンバーと飲み会が始まった。

席につき、ビールを注文した僕の隣には、いつも清潔感のある鈴木さんが座っていた。

 

「今日も仕事お疲れ様、ケンジ」

鈴木さんが僕に向けてニコッと微笑む。彼の言葉にはいつも暖かさがある。

「お疲れ様です、鈴木さん」

飲み会が進む中、鈴木さんとの会話は自然とスキンケアの話題に。

 

彼はいつも肌がきれいで、僕はひそかに彼のスキンケア方法に興味を持っていた。

「実は、最近肌の調子が悪くて…」

心の中で「この話、正解だったのかな?」と少し戸惑いながら、僕は自分の悩みを鈴木さんに打ち明けた。

 

彼は驚いた顔をして言った。

「それは意外だ。でも、俺も昔はそうだったんだよ」

そう言いながら、彼は僕に自分の肌の秘密を教えてくれることになった。

 

「オールインワンジェルを使ってみたら?簡単だし。」

彼の言葉に、僕の心には新しい希望の光が灯った。

まるで、長いトンネルを抜けた後の、明るい日差しのように。

 

「鈴木さんも使ってるんですか?」と、少し興奮気味に問いかけると、彼は笑顔で「うん、俺も最初は信じられなかったけど、本当に効果があるんだよ」と答えた。

 

その夜、帰宅後、僕はすぐにオールインワンジェルについての情報を検索してみた。

これが、僕の新しい挑戦の始まりだった。

鈴木さんの一言によって、僕の中に再び希望の芽が生まれたのだ。

 

初めてのオールインワンジェルと心の葛藤

夕暮れ時の都市の喧騒。

オフィスの帰り道、僕は街のドラッグストアの前に立っていた。

手には先日、鈴木さんからアドバイスされたオールインワンジェルのメモが。

しかし、店の前で足が重くなる。

「本当にこれで良いのだろうか?」と、心の中で疑問が湧き上がる。

 

店内は冷房が効き過ぎて、ジワリと肌がひんやりとした感覚に。

棚の前には、多種多様なスキンケア商品が並べられている。

その中でもオールインワンジェルのコーナーは特に目を引くほどの品揃えだった。

 

「どれが良いんだろう…」心の中でつぶやきながら、手に取る商品、手に取る商品。

しかし、手に取ったジェルの一つ一つが「これで本当に肌が良くなるの?」という疑問を投げかけてくるようで、選ぶのが難しかった。

 

「使ったことのあるブランドにしようか、それとも新しいものに挑戦するか」心の中の声がひとつ、またひとつと響き渡る。

ピリピリとした緊張感が、身体を取り巻いていた。

 

結局、鈴木さんが勧めてくれたものと同じブランドのジェルを選び、レジに向かった。

レジの店員さんの笑顔が、少し心を温めてくれる。

「ありがとうございます」と声をかけられ、僕は店を後にした。

 

家に帰り、そのジェルを手に取る。

ベタベタとした感触が少し不安を煽る。

「大丈夫だ、鈴木さんも使ってるんだから」と心の中で自分に言い聞かせ、ジェルを肌に塗布した。

 

その日の夜、ふと鏡を見ると、自分の肌が少し明るくなっている気がした。

それは、新しいスキンケアの効果なのか、それとも自分の心の中の変化なのか。

まだ分からない。

しかし、明日への期待を新たに感じたのは確かだった。

 

最後の決断、未知の可能性へ

日々のストレスと戦いながらも、自分の肌のための最善策を探し続ける日々。

結局のところ、鈴木さんに教えてもらったオールインワンジェルは、僕の肌には合わなかった。

いろいろ試してきて分かったのは、誰かが良いと感じたスキンケアでも感じ方には個人差があるということ。

 

けれども少しずつは改善されてきているし、諦めるわけにはいかない。

ふと手に取った雑誌で、1位に輝くあるオールインワンジェルに目が留まる。

ZIGENというブランドのオールインワンだった。黒いパッケージでなかなかカッコいい。

 

とはいえ、疑り深くなっていた僕は新しいブランドのZIGENについて調べてみる。

ネットでZIGENのオールインワンの口コミもしっかり調べて「これくらいの悪い口コミなら受け入れられるな」と感じることができたので購入することに。

 

使い始めてジワリと感じる変化。

日に日に、鏡の前での僕は変わっていく。

それはまるで、長いトンネルを抜け、光の射す場所にたどり着いたかのような喜びだった。

 

しかし、その喜びも束の間、新しいクライアント先での大きなプレゼンが控えていた。

数々のプレゼンを乗り越えてきたが、今回は違った。

大きな注目を浴びるこの場に、僕の新しい肌と共に立ち向かう勇気はあるのだろうか?

「あの時のオールインワンジェルのように、自分を信じて選択をしていくしかない」と、心の中でつぶやく。

それはまるで、暗闇を照らす一筋の光のように、僕の中で強く輝いていた。

 

そして、プレゼンの日。

ドキドキと高鳴る鼓動、ガチガチと硬くなる背中。

しかし、僕は前を向いて歩みを進める。

そして、その場所で、僕は自分の全てを放り出す。

 

結果は…成功。

クライアントからの大きな信頼を勝ち取り、新しい一歩を踏み出すことができた。

そして、その背中には、新しい自分を信じる力が刻まれていた。

 

新しい風、新しい未来

プレゼンの成功が会社内外でささやかれている中、次の週末の飲み会の日がやってきた。

鈴木さんのおかげで、僕は今まで以上の自信を持ってその場に臨むことができた。

飲み会の席に座ると、ドキドキというよりも、ワクワクする気持ちが私を包んだ。

 

「ケンジさんって、最近なんだか肌が綺麗になった気がするんですけど、何かしてるんですか?」

そんな問いかけに、僕の心はドキッとした。

その声の主は、私が以前から密かに好意を寄せていた、可愛らしい笑顔の女性。

彼女の言葉に、僕の心は「やったぞ」と小さく跳ねた。

 

「実は…」と僕は少し照れくさい気持ちを抱えながら、最近の肌ケアの秘密を少し話す。

彼女の目はキラキラと輝き、「それ、私も試してみたい!」と興味津々になった。

 

飲み会はとても楽しい時間となり、僕の中で新たな希望の芽が芽吹き始める。

あの日、あのプレゼン、そしてあのオールインワンジェル。

全てが、僕の新しい人生の始まりを予感させる出来事だったのだ。

 

そして、帰り道。

軽い足取りで歩きながら、僕の心はワクワクと未来への期待でいっぱいだった。

「もしかして、これからが本当のスタートなのかもしれない」と、心の中で小さくつぶやきながら、新しい明日を迎えるために、ゆっくりと目を閉じた。